私の生え際!

私は、昔から毛髪の量が多いと美容師さんから言われるほど髪の量が多く、将来自分が髪のことで悩むことはありえないと考えていました。
気付いたのは高校3年生の時でした。当時付き合っていた彼女から、おでこやバイよの一言。
それはそれは若い私には気づく事がなく、気にもしていなかった言葉でした。

そして受験勉強のストレスや将来に対する不安から、ますます髪が薄くなってしまった様なきがしていますした。確かに、私の父親、祖父もおでこが広い。
言われてみればそうだなと、遺伝なのかなと始めて思いました。

最初はそんなに気にはなっていなかったのですが、友達からも、ちょっと髪の毛が薄くなったのではないか、と言われて急に気になり始めました。

そこから、自宅の鏡で自分の髪をチェックしたり、自分で頭の頭頂部を触るなどして、自分の髪の毛が薄くなっていないか確かめていました。しかし、気にすれば気にするほど髪の毛が薄くなっていきました。

受験が終わってからは少し薄毛が改善された様に思います。
ストレスが原因で薄毛になっていたんですね。しかし完全に薄毛を改善する事はできず。

そこで、私はシャンプーで髪を洗うときに頭皮を指の腹の部分で軽く押してマッサージするようにしました。19歳の時には、ポリピュアという育毛剤をバイト代で購入し使用、その後、モウガという育毛剤を購入して使用。どれも効果がないように思い続きませんでした。

高校生の時から比べたら、多少はあがったか・・?
現代の情報ですと、男性ホルモンが増える行為(自己処理等)は数々のサイトで駄目だよと言われています。
ただ僕が盛んだった頃は20~25歳位までだったため、それ以降は男性ホルモンが多量に放出されることはしていませんでした。なので、今この髪の毛が維持できているのかと思うこの頃です。

ただ、4年くらいずっと続けている事があります。
それは、亜鉛とノコギリヤシを飲み続けていることです。ネットで調べると、男性には亜鉛が不足し易く、また亜鉛不足が髪の毛に悪いと言われています。

髪の毛の生成に必要な栄養素なんだとか・・。
ただ、年齢と共に頭頂部も気になり始め、いまや頭頂部に利く育毛剤を探す日々です。
ダウンタウンさんの何かの番組で、育毛の博士がでていた事があって、その博士はシャンプーの時に頭皮を指で擦らない事が重要とおっしゃってました。
確かにその方は、60歳にしてフサフサ。うらやましい限りでした。

その番組を見てから、私は指で擦らない、揉むような洗い方を実践しています。
それからは、抜け毛が減ったように感じます。
みなさんも気になるようでしたら、その博士のことを調べてみて下さい。

野球拳で受けたハゲの侮辱

以前会社の忘年会での出来事ですが、ハゲた同僚に過酷な状況が起きました。その事件とは忘年会一次会の後の2次会での出来事です。

忘年会で呼んでいたコンパニオンも交えてカラオケスナックで2次会をしていました。王様ゲームから始まり、野球拳が始まったのです。

その時参加していたハゲの同僚は、常々愛用しているカツラをつけていました。
野球拳が敗者の指名制で、運悪くそのハゲの同僚に回ってきたのです。
同僚は簡単にじゃんけんを2連敗してパンツ一丁になってしまいました。その後も負けてパンツを脱ぐ羽目に・・・。

すると彼がカツラと知っている意地悪の同僚が、「ヅラ脱いでもいいぞ!」と、はやし立てました。
まわりは爆笑していましたが、私はハゲ同僚と仲が良かったせいもあり、背中に嫌な汗をかいていました。
するとハゲ同僚は顔をこわばらせたあと、なんとパンツを脱ぎました。
事件現場はハゲ同僚の表情によって冷たい空気が流れていました。

その後ハゲ同僚は育毛の鬼に変わりました。1万7千円もする育毛剤を購入して毎日育毛に励んでいます。しかし中々目に見える効果は現在ありません。
どうか少しでもいいんです。

少しでも効果があれば、またあの明るい同僚が戻ってきてくれる気がします。
馬鹿にしている訳ではありません。本当に効果のある育毛剤をどうか製薬会社の皆さま開発してください。お願いします。

プロペシアによって脱毛を予防

薄毛に悩まされている人は少なくありません。これにはジヒドロテストステロンという成分が関係しており、それゆえに容易に治療できるものではありませんでした。

しかしこの育毛ケアするのに効果的な成分が発見されて以来、薄毛に悩まされてきた人にも希望の光が差し伸べられたのです。
その成分の一つがプロペシアです。
プロペシアにはジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があります。そのため薄毛の進行をストップすることができるのです。

しかしここでしっかりと理解しておかなければならないことがあります。
プロペシアにも発毛効果があることがわかっていますが、それは非常にわずかです。
そのため育毛ケアにプロペシアを使用する場合、その主な目的は薄毛の進行をストップさせることなのです。

当然のことながらこの成分だけを用いても髪の毛がフサフサになるわけではありません。
発毛効果の高い成分を同時使用することが育毛ケアに大きく関わるわけです。
一般的には発毛効果のあるミノキシジルを同時使用することが勧められています。

これまで育毛は難しいとされていました。
しかしミノキシジルやプロペシアの出現によってそれが可能となり、多くの人が薄毛を改善しています。
しかしこれら二つの成分はいつ使用しても薄毛に効果があるわけではありません。

まず薄毛が起こる仕組みは、ジヒドロテストステロンという物質が頭皮内のある血管を細くし、髪の毛を作るための栄養素が毛根に届かなくなってしまうことにあります。この状態を長い間そのままにしておくと毛根は髪の毛を作る力を全く失ってしまうのです。

この状態に陥った毛根を再び活発にさせることはほぼ不可能です。
そのため薄毛を改善するためには毛根が死滅する前にケアを開始しなければならないのです。
薄毛の原因は様々です。そのためそれが頭皮で生じた場合はまず原因を知るようにし、薄毛であることがわかった場合はすぐにケアを始めることができます。
そうすることで毛根を元気にすることができ、丈夫な髪の毛が生えてくるようになるのです。

育毛ケアはすぐに効果はでません

私は育毛ケアを開始して10年になりますが、今になって少しですが育毛に関していい流れが来ているように感じています。
これまで私は、育毛サロンに5年通い効果が得られず、その後植毛手術を受けましたが目に見えるような効果は無く後頭部に傷跡だけが残りました。
本当に何をやってもうまくいかずお金だけが無くなっていくという日々でしたが今になってはこれもいい経験だったのかもしれないと思っています。

私の育毛の分岐点になったのは自分にあった育毛剤を見つけられた事でした。
今までは育毛剤を使っていてもたら自分に合っていなかったのか、なかなか継続して使うことふが出来なかったのです。

しかしどうでしょう。
今の育毛剤に出会ってから頭皮に浸透して効いている感じがわかると言うか、何年やっても効果が得られなかったのに、使用して半年で産毛が生えて来たのです。ネットで調べたら育毛剤やシャンプー、ケア用品は最低でも半年以上は続けなけれ意味が無いそうです。
育毛剤ランキング・男性用.com

継続は力なりと言いますが、まさにこの事か。
小さな全身ではありますが、これを励みに育毛ケアを頑張って行こうと思っています。
同僚にも合うかわかりませんがこの育毛剤を教えてあげようかな、なんて思っています。
薄毛のケア、治療にはたまに強い薬品が入っていて副作用があったりするようですが、私がオススメする育毛剤は体にいい成分がたくさん配合されているので、副作用なくとても安心です。

ストレスをなくして育毛しよう

育毛をするときに大切なことがあります。それはストレスを無くしていくということですね。
実際にストレスが多いと髪が薄くなってしまうことがあります。

実際に私は学生時代が髪が薄かったのです。
それは同級生と仲良くしなければならないということと、受験勉強のストレスがありました。
受験勉強も要点を絞って行えばそれほど大変ではないことに気がついたのは試験が終わった後でした。

実際にストレスが無くなってからは髪が少し増えてきたと思います。
しかしのびのび生活をすることで育毛は成功したのです。
実際にはタンパク質の多い食事を摂取したこともあります。

髪を作るための成分がなければ育毛をすることは出来ないからですね。
髪を育てつつ、生活していきたいです。実際に髪が増えてくると心にも余裕ができました。
育毛は難しいと考える人は多いかもしれません。ですが基本的な部分は簡単なのです。

日々の育毛ケアで心がけていること

若い頃は人間誰でもはげる時ははげるんだからと思い、頭皮のケアなど対して気にもしていませんでした。
いざなくなってみると「いやまだ早いだろう」と感じ。
鏡に写った自分を見るのが辛くなったりもします。そんな思いから育毛を始めました。

自分の育毛は現在進行形で少しづつですが前進しています。
日々のケアで心がけていることは、「アブラ」です。
皮脂汚れは、毛穴をつまらせる原因となるとききました。
当然毎日のシャンプーの際にも、毛穴を意識してマッサージもかねて洗います。
最初の頃はシャンプーに時間をかけすぎて、お風呂場でのぼせてしまったこともありました。
でも頭皮のマッサージはやり過ぎると逆効果とテレビで見たことがあり、それ以来ほどほどにしています。

また日中など、顔に皮脂が浮いてきたことを感じると、あぶらとり紙で顔から頭皮の方にかけて余分なアブラを取るようにしています。
色々な情報があり、何が正解なのか迷いますが、自分は今のところ、この頭皮ケアの方法と、抜け毛予防の錠剤で少しづつですが髪の毛の成長を感じることができています。

薄毛に効果を発揮するミノキシジル

頭皮環境の悪化に伴う脱毛症は、生活習慣を改めることで改善することができます。
しかし薄毛に関しては別です。
これはジヒドロテストステロンという物質による脱毛症で、この物質の生成は遺伝が大きく関係しているとされています。
そのため予防や治療が難しい脱毛症なのです。
しかしこのような状況に助けの手を差し伸べてくれたのがミノキシジルです。

この成分はもともと血管拡張剤として用いられていました。
しかし使用者に発毛という副作用が生じているのが発見されて以来、薄毛の治療薬として用いられるようになったのです。

一般的には医師の許可がなければこの成分を含んだ育毛剤を使用することはできません。
なぜならミノキシジルの使用によって副作用が生じることがあるからです。
それでも使用に関する医師にの指示にしっかりと従って使用することで、安全に薄毛を治療することができるのです。

これま薄毛は容易に治療できるものではありませんでしたが、ミノキシジルの出現によってそれが可能となったのです。

湯シャンはじめました。

育毛に結果的になるのかどうかわからないのですが、タモリさんが湯シャンをしているというのをしって、私もやってみようかなとおもいました。
自分の髪の毛の力がシャンプーに頼りすぎていて弱ってしまって抜け毛につながっているのかもしれないし、もともと持っている自分の髪の毛の力を試してみたいという気持ちもありました。

そして白髪がではじめたので効果があるのか?ということと、すごい高いシャンプーを使うことよりも自分にあっていたらいいのかもしれないと思ったからです。
試してみないとわからないし、やめるのは簡単なことなので、とりあえず始めました。

効果が出るのは人それぞれですし、最低1年位はかかるのかと思います。
そしてまだ1ヶ月しかたっていません。
いまのところは毛が目に見えて丈夫になるということはわからないです。
毛が生えてきたかどうかもわからないです。

でも本来髪が持っている油というものがあって、それを無理にシャンプーでそぎ落としてなくしてしまうことは不自然だったなと思い始めています。
リンス無しでもツヤは出ている気がします。

ただ触った時のべとつきはきになりますが、毎日湯シャンですので不潔なべとつきではないです。
ほかには困ったことはないです。
いまのところは水道代とシャンプー代のが浮いて経済的ということでしかないですが、しばらくつづけてみようとおもいます。10年後に効果が出ればいいなと思いながら。